久しぶりの干潟

今日は久しぶりに船橋と習志野の干潟に出かけました。出かけるのがちょっと遅すぎて期待していたミヤコドリには出会えませんでした。船橋の干潟ではハマシギ、ミユビシギ、トウネンなど、習志野の「干潟ではホウロクシギとセイタカシギでさびしいものでした。

ホウロクシギ:ダイシャクシギとの区別がチョット難しいのですが、翼の裏(内側)や腰の模様の有る無しがポイントとされています。
画像


ホウロクシギ翼の裏側:はっきり模様が見えています。
画像


セイタカシギ:この長い足を見るとセイタカシギという名前が分かるような気がします。
画像

この記事へのコメント

ネコが好き
2009年10月11日 21:27
今朝は早起きしてT沼へ行きました。そろそろ鴨が渡ってきているかと期待して行ったのですが、残念ながら目に付くのはカルガモばかり。遠くを10羽ほどの鴨の群れが飛ぶのは見たのですが、湖面に降りてくれないので種類は見極められませんでした。初心者の悲しさ、飛ぶ姿を見ただけでは何だかわかりませんでした。
モズがあちらこちらで特徴のある声で鳴いているのを簡単デジスコでそれなりに撮影出来たのと、チョウゲンボウがカラスに追われるのを見たのが収穫でした。
キビタキの写真綺麗ですね。
来シーズンは私たちも夏鳥の撮影に挑戦します!
カケ3
2009年10月12日 20:57
コメントありがとうございます。
T沼にも未だカモ達が渡ってきてませんか。オナガガモやコガモ達はもうそろそろ来てくれる頃かと思います。モズの高鳴きもまさに秋本番といったところです。

この記事へのトラックバック