マユミ

今日はトンボ池の臨時活動日で次週予定の巣箱作りと里山自然観察会の準備を行いました。一カ月ぶりのトンボ池は晩秋模様でしたが、マユミが色を添えていました。トンボではナツアカネオオアオイトトンボが多く見られましたがホソミオツネントンボも姿を見せてくれました。チョウはウラギンシジミやウラナミシジミなどのシジミチョウの他にクロコノマチョウが日向に出てきました。


マユミ:真っ赤な実は景色に華やかな色を添えてくれました。
画像


ナツアカネ:顔まで真っ赤になっていました。
画像


オオアオイトトンボ:ハートマークに見えるでしょうか?
画像


クロコノマチョウ:南方系のチョウということですが、枯葉になりきっていました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

ネコが好き
2009年11月18日 08:44
顔まで赤いトンボの写真、初めて見ました。綺麗ですね。野鳥が好む木の実もなかなか覚えられません。勉強しなくては。
日曜日、茨城支部の探鳥会でI田ダムへ行ってきました。ベニマシコと今シーズン初めてのルリビタキに出会えました。まだ青くないオスが枝先で盛んに良い声を響かせておりました。近くにもう1羽いて追いかけっこ状態になったとき、ひらりと身をかわした青色がしっかりと見えました。大人のオスが一緒にいたようです。鳥の姿は少なかったですが、お天気が良くて気持ちの良いハイキングでした。
でも写真は全部失敗!ピンぼけばかりでした。
日暮れて道遠し……を実感致します。簡単デジスコだからダメなのか、あくまでも腕の問題なのか。多分腕ですね。
カケ51
2009年11月18日 20:46
ネコが好きさん
こんばんは。ベニマシコとルリビタキ、良かったですね。私は未だいずれも見ていません。12月入ればと期待しているところです。私もピンボケばかりです。すこ~し良くなったとしたら私の場合レリーズを使うようにしたこと、スコープのピントをしっかり合わせるようにしたことそれに相手がゆっくりしてくれてる場合はピントを前後に少しずらして撮るなどでしょうか。

この記事へのトラックバック