タマシギ

タマシギがそろそろ姿を見せる頃と毎年楽しみにしている場所に出かけました。8月になるとこの人工放水路に親子あるいは♂♀で姿を見せます。今日姿を見せたのは親子と思われる3羽でした。

タマシギ:奥が♂親で手前が幼鳥と思われる。
画像


タマシギその2:親子3羽
画像


タマシギその3:幼鳥
画像


タマシギその4:
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ネコが好き
2010年08月04日 07:05
タマシギは私達の見たい鳥リストでは常に上位にいる鳥です。2年ほど前我が家の近くの田圃で見た人がいると聞いて探したのですが、残念ながら力不足で発見できませんでした。いつかきっと出会えると信じてその日を楽しみに待っています。
今朝家の垣根の際に動物の糞が落ちていました。
掃除しながらよく観察したら果物の皮と種がいっぱい。多分ハクビシンと思われます。害獣とされる生物ですが彼らも一生懸命生きているんですよね。
三番瀬や谷津干潟で貝類が沢山死んでいるというニュースを見ました。水鳥たちに影響がないと良いのですが。
カケ51
2010年08月04日 20:30
タマシギ、近い内に出会えることをお祈りします。案外身近な休耕田でひっそりと子育てしているかもしれません。
谷津干潟などの状況もそうですがシベリアの森林火災なども渡り鳥に影響を与えるのでしょうね。

この記事へのトラックバック