オオタカ

団地下の堰で久し振りでオオタカ若に出会いました。堰を周回できるような遊歩道が作られてからオオタカは姿を見せなくなってしまったのですが、あれからもう10年以上になるでしょうか?9月6日、市原市。

オオタカ若:
画像


その2:
画像


その3:
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鳥屋
2019年03月25日 09:15
昨年の記事に失礼します。
写真の鳥は、褐色主体で下面に縦斑があるので、中型猛禽の幼鳥ですが、
下記の特徴から、オオタカではなく、サシバです。
・目が黒く見える。正確には虹彩が暗褐色(オオタカでは淡黄色)。
・とまっているとき、翼端は尾より少しだけ短い(オオタカでは翼が短く、尾の約半分)。
・上面の色が濃く、比較的一様(オオタカでは淡色の羽縁により鱗模様で全体にもっと淡色)。
9月ですから、付近で繁殖したとは限りませんが、オオタカより貴重な記録です。
カケ51
2019年03月26日 20:49
ご指摘ありがとうございます。暗すぎとは言えこの距離であればオオタカの虹彩は見てとれたのでしょうね。翼端と尾の長さなどもよくよく注意すべきでした。勉強になりました。

この記事へのトラックバック