ハシブトアジサシ

ハシブトアジサシがまだ滞在しているとのことで出掛けました。この日のハシブトアジサシは餌獲りなどで結構動きがありました。画像は餌獲りシーンで、上空で地上の餌(小さなカニ)を見つけ急降下して捉まえ飛びながら食べる様子です。7月30日、九十九里町。

ハシブトアジサシtma00143.jpg

ハシブトアジサシtmb00147.jpg

ハシブトアジサシtmc09820.jpg

ハシブトアジサシtmd09822.jpg

ハシブトアジサシtme09842.jpg

ハシブトアジサシtmf09844.jpg

ハシブトアジサシtmg09466.jpg

ハシブトアジサシtmh09467.jpg

ハシブトアジサシtmj09859.jpg

ハシブトアジサシtmk09856.jpg

ハシブトアジサシ

ハシブトアジサシの情報を得て外房方面に急ぎました。餌獲りなど結構動いてくれたので楽しめました。鳥友に感謝です。画像は餌獲りから戻ってきた時と歩きながら小さなカニを捉まえてチョット休んだ後餌獲りに出掛けた時の様子です。7月24日、九十九里町。

ハシブトアジサシtm08075.jpg

ハシブトアジサシtm08141.jpg

ハシブトアジサシtm08090.jpg

ハシブトアジサシtm08119.jpg

ハシブトアジサシtm08079.jpg

ハシブトアジサシtm08135.jpg

ハシブトアジサシtm08154.jpg

キアシシギ

渡り途中のシギチ期待で干潟に行ってみました。キアシシギは10羽以上の群れが確認できましたがチュウシャクシギなどは見られませんでした。キアシシギの群れの中には右足環、左に白と青のフラッグを付けた個体が見られました。青フラッグにはC59と読める文字が見えました。また、近くをストリートビュー用でしょうか、カメラを付けた車が通りました。
画像はカニを捉まえたキアシシギ、水浴び中のキアシシギそれに標識を付けた個体と近くを通ったカメラ搭載車です。足管キアシシギは山階鳥類研究所鳥類標識センターより連絡があり、2019年5月25日に、宮城県亘理郡亘理町鳥の海で、性不明成鳥として放鳥され個体ということです。
7月22日、袖ヶ浦市。

キアシシギtm07761.jpg

キアシシギtm07773.jpg

キアシシギtm07857.jpg

キアシシギtm07868.jpg

キアシシギtm07900F.jpg

ロードカメラtm07905B.jpg

オオルリ

今日は市原市主催の水辺の観察会がありトンボ池の会がお手伝いに入りました。観察会が始まる前やお昼休みにオオルリ、キイトトンボに出会うことができました。画像は餌獲りに専念するオオルリとキイトトンボ連結です。7月20日、クオードの森界隈。

オオルリtm07386.jpg

オオルリtm07566.jpg

オオルリtm07467.jpg

オオルリtm07438.jpg

キイトトンボ07313.jpg

キアシシギ

今期初認のキアシシギです。ボチボチ秋の渡りが始まったようで、これから楽しみです。昨年の此処での初認は7月24日でした。画像はキアシシギ2羽と水浴びしているイソシギです。7月17日、袖ヶ浦市。

キアシシギtm06867.jpg

キアシシギtm06851.jpg

イソシギtm06971.jpg

コフキトンボ帯型

カイツブリが居た堰の廻りでトンボ撮りしましたが久し振りでコフキトンボ帯型に出会うことができました。調べてみたら前回ここで出会ったのは2011年7月でした。この他はアオモンイトトンボ連結です。また、カイツブリ雛は11日には1羽しか確認できなかったのですが今日13日に3羽いることが分かりました。片方の親が雛1羽、別の親が雛2羽連れてかなり離れた場所で別々に給餌していました。画像はコフキトンボ帯型とアジアイトトンボ連結(アオモンイトトンボとしたものを7月27日に訂正した)それにカイツブリ雛3羽です。7月11日・13日、市原市。

コフキトンボ帯型tm06374.jpg

コフキトンボ帯型tm06353.jpg

アオモンイトトンボtm06637.jpg

アオモンイトトンボtm06332.jpg

アオモンイトトンボtm06623.jpg

カイツブリtm06511.jpg


カイツブリ

毎年子育てしているカイツブリですが、今年は雛の姿が見えず心配していたのですがやっと出会うことができました。確認できたのは1羽だけでこの堰には大きなブラックバスやアオダイショウも居るのでなんとか生き延びた欲しいと祈るばかりです。7月11日、市原市。

カイツブリ親子tma06414.jpg

カイツブリ親子tmb06457.jpg

カイツブリ親子tmc06001.jpg

カイツブリ親子tmd06250.jpg

カイツブリ親子tme06274.jpg

コアジサシ

少なくともコアジサシには出会えるだろうくらいの気持ちで出掛けたのですがやっぱり出会えたのはコアジサシだけでした。仕方なく餌獲りに飛び込む姿を見て帰りました。7月10日、九十九里浜。

コアジサシtm05618Ⅱ.jpg

コアジサシtm05619Ⅱ.jpg

コアジサシtm05925.jpg

コアジサシtm05927.jpg

コアジサシtm05928.jpg

コアジサシtm05765.jpg

コアジサシtm05934.jpg

キイトトンボ

クオードの森トリ歩きですが、ここで初めて出会えたキイトトンボがトップバッターにネムノキで吸蜜するクロアゲハ、高い所で鳴くオオルリなどがモデルになってくれました。画像はキイトトンボ♂♀、クロアゲハそれにオオルリです。7月9日、クオードの森。

キイトトンボtm04755.jpg

キイトトンボtm04696.jpg

クロアゲハtm04799.jpg

クロアゲハtm04852.jpg

オオルリtm04630.jpg

アオバズク

サシバポイントとアオバズクポイントを回ってみました。サシバは巣立ち雛を期待したのですがモデルにはなってくれませんでした。アオバズクは♂のみ確認できました。♀は未だ巣の中でしょうか?画像は♂と思われるアオバズクと餌獲りに出かけるサシバ親です。7月3日、市原市。

アオバズクtm04184.jpg

サシバtm04156Ⅲ.jpg

サシバ巣立ち雛

巣立ち雛の飛行期待で出掛けましたが未だ親が餌を運んでくるのを待っている状態でした。そんな中で親を追いかけて杉の木の天辺まで出てきたケースもありました。画像は親が近くに来て大喜びしている様子と杉の木の天辺に出てきた巣立ち雛です。6月2日、市原市。

サシバ幼鳥tm03799.jpg

サシバ幼鳥tm03810.jpg

サシバ幼鳥tm03814.jpg

サシバ03819.jpg

サシバ幼鳥03837.jpg