オオセイボウ

最近オオセイボウという綺麗なハチの存在を知り一度観てみたいと思っていました。ところがお天気も悪くて出掛けられずに捲り返していた古い写真の中にメタリック色のハチの写真を見付けました。忘れていたものですが折角なので見た記録としてアップします。2014年9月12日、袖ケ浦公園。

オオセイボウtm1090638.jpg

ウラナミシジミ

初めて出会えたウラナミシジミです。図鑑で調べたところ、南方系のチョウでウスバキトンボのように発生を繰り返しながら北部方面にも生息域を広げ秋には北海道でも見られるそうです。越冬できるのは千葉県では南部沿岸の温暖な地域に限られるとのことです。この他出会えたのはウチワヤンマ、ウスバキトンボ、イチモンジセセリそれにカイツブリ幼鳥です。「初めて出会えたウラナミシジミ」訂正です(7月6日)。ウラナミシジミはこれまでに何度も出会えていました。名前も分からず興味もなかったので写真撮っただけでスルーしていました。 7月2日、市原市。

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ06892.jpg

ウチワヤンマ
ウチワヤンマtm07051.jpg


ウスバキトンボ:風が強かったせいか止まっている個体が多く見られました。
ウスバキトンボtm07025.jpg

イチモンジセセリ
イチモンジセセリtm07001.jpg

カイツブリ幼鳥
カイツブリtm06853.jpg

アマガエル

今日は田圃周りのトリ歩きです。出会えたのは先ずは薄青色の綺麗なアマガエルと杉の皮に似せようとした(?)アマガエルでこの他はアオスジアゲハ、クロコノマチョウそれにキマダラセセリです。6月30日、市原市。

綺麗なアマガエル
アマガエルtm06784.jpg

地味なアマガエル
アマガエルtm06364.jpg

アオスジアゲハtm06822.jpg

クロコノマチョウtm06721.jpg

キマダラセセリtm06763.jpg

ツチアケビ

久し振りのツチアケビです。情報を得てからチョット日をあけてしまったので花は終盤になってしまいました。ツチアケビ:ラン科ツチアケビ属の多年草腐生植物。6月27日、市原市。

ツチアケビ:花は未だ少し残っています。
ツチアケビtm06223.jpg

ツチアケビ:花は殆ど終わり実らしい形も出来かかっています。
ツチアケビtm06227.jpg

アカハライモリ
アカハライモリtm06388.jpg

モノサシトンボ:連結です。
モノサシトンボtm06287.jpg

サシバ

今日も空模様がはっきりしないのでサシバポイント付近の散策です。サシバは2羽姿を見せていたのでもう雛が孵ったのかも?唯、写真には遠く暗過ぎました。6月26日、市原市。

サシバ
サシバtm06098cppⅡ.jpg

サシバtm06099cppⅡ.jpg

サシバtm06101cppⅡ.jpg

サシバtm06102cppⅢ.jpg

オオチャバネセセリ(図鑑と見比べてオオチャバネセセリとしましたが自信はありません)
オオチャバネセセリtm06138.jpg

ツバメシジミ
ツバメシジミtm06213.jpg

アジアイトトンボとアオモンイトトンボ

農道を歩きながら探してアジアイトトンボ及びアオモンイトトンボと思われるイトトンボを見付けました。アジアイトトンボとアオモンイトトンボで間違いないと思いますがもし間違っているようでしたらご指摘ご教示いただければありがたいです。6月20日・23日、市原市。

アジアイトトンボ
アジアイトトンボtm05652.jpg

アジアイトトンボtm05641.jpg

アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボtm05784.jpg

キマダラセセリ
キマダラセセリtm05836.jpg

コチャバネセセリ
コチャバネセセリtm05874.jpg

サシバ

最近になってまた、姿を見せるようになりました。今日はチョットビックリ!谷津田の角を曲がったら目の前の電柱にサシバが止まっていました。相手も驚いたようでカメラを向けたら直ぐ飛ばれてしまいました。が後ろ姿ではなかったので先ずは良かったです。6月23日、市原市。

サシバtm05848cpp.jpg

サシバtm05849cpp.jpg

サシバtm05851cpp.jpg

サシバtm05852cpp.jpg

モートンイトトンボ


千葉県内では久し振りに出会えたモートンイトトンボです。トンボ池仲間から見られるよと聞いてはいたのですが出会えずにいました。今年改めて丁寧に探してやっと見付けることができました。思ってたより小さくて見付けるのも撮るのも苦戦でした。6月17日・18日、市原市。

モートンイトトンボ♂
モートンイトトンボtm05249.jpg

モートンイトトンボtm05371.jpg

モートンイトトンボtm05383.jpg

モートンイトトンボ♀
モートンイトトンボtm05215.jpg

モートンイトトンボtm05240.jpg

モートンイトトンボtm05291.jpg

ハシブトアジサシ

鳥友から情報をいただき出掛けました。現地に着くと帰るCマンに出会ったので嫌な予感を感じながらどうですか?と聞いたらハシブトならそこに居るとの返事。良かったぁ。その後はハシブト独り占めで鳥友にメールしながら撮ることができました。先ずは獲物のカニを見付けると身を翻して急降下するところです。6月4日、九十九里町。

ハシブトアジサシtm08813.jpg

以下身を翻して急降下するところです。
h3ハシブトアジサシtm08842.jpg

h4ハシブトアジサシtm08843.jpg

h5ハシブトアジサシtm09025.jpg

h6ハシブトアジサシtm09226.jpg

h7ハシブトアジサシtm09227.jpg

h8ハシブトアジサシtm09228.jpg

h9ハシブトアジサシtm09291.jpg

h11ハシブトアジサシtm09411.jpg

h12ハシブトアジサシtm09695.jpg

アオバズク

もう来ている筈と見に行っているのですがなかなか見つからず鳥友から情報を得てこの日やっと姿を見ることができました。止まっていた場所が今までと変わっていて探索範囲外でした。そして従来アオバズクが営巣していた洞にはオシドリが入っていました(5月29日確認写真2)。ここでオシドリが営巣しているかどうかは分かりませんが可能性はありそうです。何年か前にここからオシドリの雛が1羽飛び降りたところを何人かが見ていると聞いています。仮定としては従来の洞にはオシドリが営巣し、アオバズクは別の洞ということが考えられます。もう少し様子を見たいと思います。5月30日、市原市。

アオバズク(写真1):
アオバズクtm07453.jpg

洞に入ったオシドリ(写真2、5月29日)
オシドリ07361.jpg