ミコアイサ

被写体になってくれたのは、ミコアイサ、ルリビタキそれに特定外来生物のソウシチョウでした。於栃木県I公園。

あるいはミヤマホオジロ、そんな期待で栃木県のI公園に出向きました。ミヤマホオジロは残念ながら来ていないようでした。被写体になってくれたのは、やはりミコアイサ、ルリビタキそれにソウシチョウでした。ベニマシコは姿を見せてのですが、写真は撮らせてもらえませんでした。その他はルリビタキ♂、アオジ、シメ、シロハラ、ジョウビタキそれに留鳥のカワセミなど。

ミコアイサ:♂が比較的近くでゆっくりしてくれました。
画像


ミコアイサ:♀が4羽居ました。因みに♂は1羽だけでした。
画像


ルリビタキ:♀も姿を見せてくれました。
画像


ソウシチョウ:きれいな小鳥ですが、ウグイスの生息への影響が指摘されている特定外来生物です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

ネコが好き
2010年02月23日 06:54
ソウシチョウのこんな綺麗な写真は初めて見ました。一昨年のことですが見たくて見たくて雨の筑波山へ2日連続で行って、やっとチラッと見たときの嬉しさは忘れられません。でもソウシチョウを見て喜ぶウオッチャーは少数派?後にガビチョウと共に生態系への影響の問題で歓迎されない鳥と聞いて複雑な思いでした。
私たちも今週末は栃木県I公園へ行こうと相談していたので情報を頂いて嬉しいです。ソウシチョウに会えると良いな♪



カケ51
2010年02月23日 20:34
ネコが好きさん
ソウシチョウ、綺麗ですよね。声もきれいなようで、こんな小鳥が特定外来種だなんてとっても残念です。
釣り堀の近くで撮りました。

この記事へのトラックバック